予防歯科

定期健診

歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。・治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1〜2回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。 家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

ダミー

PMTCについて

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
正式名称を プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング と言います。 すみずみまで綺麗に磨いているつもりでも、ご自宅のブラッシングではどうしても限界があります。 歯にはどうしてもプラーク(歯垢=バイオフィルム)が貼りついてしまうものです。他の分野のものと区別され易いように、歯科ではプラークバイオフィルムと言う場合もあります。
このプラークを取り除くために、専門の器具を用いて徹底的に研磨、清掃、虫歯を事前に防ぐのがPMTCです。普段ご自分で磨くことができる外側の歯はもちろん、歯と歯肉の間や、歯と歯の間も専用の器具を用い、徹底的に清掃します。 医師の指示を仰ぎ、自宅では出来ないPMTCや予防管理、治療・処置をしましょう。

pmtc画像

虫歯の原因

歯の表面についた汚れはプラーク(歯垢)と呼ばれています。このプラークが原因となり、虫歯が進行していきます。プラークは歯牙細菌苔ともいい、単なる食べカスではなく、生きた細菌の集合体が、歯の表面に苔のように発生しています。その細菌が出す酸が、歯の表面を覆うエナメル質を溶かし象牙質、歯髄へと浸透します。象牙質や歯髄はエナメル質よりもやわらかいので、ここまで来るとそれまでよりもずっと早く溶け、虫歯が進行していきます。

ダミー""

トップに戻る